ご祝儀袋を選ぶ際のマナー

ご祝儀袋は水引の本数や、水引のデザインが豊富にあります。そのためどのようにご祝儀袋を選んだら良いのか、悩んでしまうでしょう。ご祝儀袋を選ぶ際のマナーは、包む金額に見合ったご祝儀袋を選ぶことが鉄則です。お祝い事なので水引の装飾が豪華なご祝儀袋をつい選びたくなることもあるでしょう。しかしご祝儀袋の見た目と包む金額が釣り合っていないと、受け取る相手に対して失礼になります。

包む金額が少額の場合は、水引の装飾が控えめなご祝儀袋を選びましょう。また包む金額が大きい場合、豪華な装飾がされた水引のご祝儀袋がおすすめです。ご祝儀袋のパッケージには、中に入れる金額の目安が書かれています。どのご祝儀袋を選んだらいいのか悩んだら、パッケージに書かれている目安に従って選ぶと失敗も少ないでしょう。

金額別にご祝儀袋の選び方をご紹介

結婚式に出席しない場合、ご祝儀として1万円を包むこともあるでしょう。
ご祝儀で1万円は相場よりも低い金額のため、紅白の水引で結び切りやあわじ結びのシンプルなデザインが良いです。3万円を包む場合は、水引は色が金銀か紅白のものを選びます。ご祝儀の中でも一般的な金額なので、ご祝儀袋のデザインも豊富です。目上の方に贈るなら、スタンダードなデザインのご祝儀袋が良いでしょう。友人や親しい方に贈るときは、水引の色やデザインがアレンジされたものもおすすめです。

5万円程度の場合は、スタンダードなご祝儀袋よりもサイズの大きいものを選びましょう。またご祝儀袋に紅白の装飾や、質の良い和紙が使われているものもおすすめです。10万円以上の金額を包む場合、5万円程度を包むご祝儀袋よりもさらに大きいサイズのものを選びます。縁起物の装飾がされた水引のご祝儀袋を選ぶと、より豪華で良いでしょう。

おめでたいご結婚とご懐妊を、ダブルで幸せを盛り沢山に感じることができるのがマタニティウェディングです。